グランダ浅草橋のスタッフの方からのお礼の言葉

2014年3月9日に公演させていただいた、グランダ浅草橋のサービスリーダーのMさんより、お礼の言葉をいただきました。

日曜日はご公演ありがとうございました。
皆様お忙しい中のご準備・公演とたくさんのお時間をいただき感謝申し上げます。

入居総数55名のうち52名のお客様とご家族が見せて頂きました。

当日、バレリーナのブローチをつけて出席して下さった入居者様もいらして…
楽しみにして下さっていたのだなあと感じました。

きれいでよかったわぁ
3年居るけど、こんなのはじめて
とっても良かった
夢のようだったわ
楽しかったね
写真を早速部屋に飾ってもらったのよ
などなど、入居者様から感想をいただきました。

言葉がでない入居者様が
手拍子をとっていらしたり
うとうとされていることの多い入居者様が
目をきらきらさせていらしたり
入居者様の当日のうきうきした気持ちを
スタッフ一同嬉しく感じさせて頂きました。

訪問くださいました出演者の皆様
また、音響照明でご協力下さいました方々に
くれぐれもよろしくお伝え下さいませ。
ありがとうございました。

皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げますと共に
また、公演を見せて頂ける機会を作っていただければ
嬉しいです。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

サービスリーダーM

公演報告 グランダ浅草橋

3月9日(日)グランダ浅草橋にてバレエボランティア公演を実施しました。今回の公演は,バレエボランティアのホームページを見た施設の方が,事務局へメールを送ってくださったことがきっかけで実施の運びになりました。施設全体が歓迎ムードで暖かく迎えて下さり,入居者の皆様からメンバーに優しい言葉をかけていただきました。ありがとうございました。

浅草橋は問屋街で,ダンサーにとっては有名なバレエ用品の専門店セキネがあり,公演前にダンサーが早めに浅草橋入りをしてバレエシューズ等を格安の値段で購入していました。

メンバーの一人が,グランダ浅草橋に隣接する柳橋病院を見て,「私ここで産まれました!」の声。実はメンバーが産まれた旧・柳橋病院は,2005年、運営母体である自動車健保組合の解散に伴い、閉鎖されたのだそうです。

台東区は、都内でも2番目に高齢化率が高いうえに、療養病床が不足していたこともあり、地域住民からは病院の存続の強い要望があったことから,2009年12月、新しい柳橋病院として新装開設。地下1階から地上3階までを病院とし、4階から8階までを「(株)ベネッセスタイルケア」運営の有料老人ホームとする、医療・介護複合施設として誕生したのだそうです。

「慣れ親しんだ地域で一生を過ごしたい」という高齢者の医療・介護ニーズに応える複合施設・・・なのだそうです。入居者の方々の表情が生き生きしていたのもそんな訳があったのですね。

今回のプログラムは以下の通り。

1「眠れる森の美女」より6つの妖精
(1) 松(優しさ)の精
(2) 桜(元気)の精
(3) カーネーション(鷹揚)の精
(4) カナリア(雄弁)の精
(5) トネリコ(勇気)の精
(6) リラ(知恵)の精
2 川の流れのように
3「くるみ割り人形」より金平糖の精
4「せむしの子馬」より海と真珠
5「白鳥の湖」第2幕より
(1)情景
(2)白鳥達の踊り
(3)オデット姫とジークフリード王子のパドゥドゥ
(4)コーダ
6「眠りの森の美女」よりフロリナ王女
7 アレルキナーダ
8 祭
9 フィナーレ

今回の主役は照明です。妖精はそれぞれの妖精の衣装の色に,川のバックは水色,白鳥は曲調ごとに微妙にブルー系やピンク系を混ぜて本当に美しかったです。ダンサーも照明が入ると緊張感が全然違う!とかなり興奮気味でした。本格的な照明なのですが,主にLEDを使用しているので,最大出力でも1600W程度しか使わないそうです。背景も照明が映える白色を使いました。

衣装については,今回は「海と真珠」の衣装にセンチメンタルジャーニーの薄紫の衣装を使用しました。細いダンサーが更に美しく見えるデザインで,ダンサーから着てみたい衣装No.1と言われている衣装です。

さらに今回は音響に新たなスピーカーが加わりまた一段と音質が良くなりました。

こうした裏方チームの支えなくして感動の舞台は作れません。いつもの食堂を1時間以内に劇場に変える技術は,本当に神業です。いつも音響を担当してくれるKさんが「裏方は裏方で楽しいのですよ」と終演後のミーティングで言ってくださり,一緒に舞台を作れて嬉しくなりました。

確かに楽しくなかったらわざわざ休日使ってボランティア活動とかしません。舞台芸術が好きで,人生の先輩方である施設入居者の方々とのふれあいも楽しくて,この活動をしているのだと思います。

今回の作品の目玉は,「白鳥の湖」第2幕バレエボランティア版です。浅草橋公演の実施が決まってから1ヶ月,白鳥グループは本当に懸命に練習に励んでくれました。初演は去年の3月。
http://balletvolunteer.com/archives/464

「白鳥の湖」第2幕バレエボランティア版は,情景+コールドのワルツ+パドゥドゥ+コーダの全部で約15分の抜粋なのですが,コールドは15分出ずっぱり,オデットもジークフリードもワルツ以外10分踊りっぱなしの,ボランティア作品中最長の大作です。バレエの代名詞と言える作品なのでプティパの原振り付けをなるべく忠実に再現しています。

今回の白鳥コールド達からのご意見,「『白鳥の湖』の2幕を踊るのが夢だったので,夢が叶って嬉しい。」とか,「コーダの終わりの方はもう泣きそうになった。」とか心の底から感動しつつ舞台を作れました。観客の皆様も涙している方が多かったように思います。

新作は,アレルキナーダです。アレルキナーダは,ロシアで1900年に初演された作品で,プティパの最晩年の振り付けです。コロンビーヌのバリエーションはコンクールで小学生が軽く踊っているのを見かけますが実は技術的に大変高度なバリエーションです。本番ではダンサーがバレエシューズでトリプルピルエットを回っていました。技術力高い!

舞台はどんどん充実してきているように思います。今回も施設長さんに「本当にボランティア団体なのですか?」と聞かれました。今回も観客の皆様に「ありがとう」「楽しかった」「また来てね」と沢山の嬉しい言葉をいただきました。

次の公演は3月15日(土)レストヴィラ錦糸町で実施いたします。2010年2月10日公演以来4年ぶりの公演です。興味がある方はどうぞ見学においでください。いらっしゃる場合は事務局までご一報くださいね。よろしくお願いいたします。
http://balletvolunteer.com/archives/26

公演報告 Sアミーユ東久留米

1月26日(日)Sアミーユ東久留米さんで今年最初の公演を行いました。天気は晴れ。1月にしては暖かい最高気温15度のお日和でした(その後気温がガクンと下がり家に帰る頃には北風も吹いて気温が4度で驚きました)。

メンバーのNちゃんのおばあちゃまが入居されているご縁で,Sアミーユ東久留米さんで公演をさせて頂くことになりました。施設長さんをはじめ施設の皆様は爽やかなイケメンが揃っています。会場の設営の際も男手がさっと集まって食堂のテーブルを端に寄せていただきました。そして「バレエに挑戦」のコーナーでは,イケメン4名でバレエのマイムで愛の告白!観客の皆様は女性が多く,目がハートになっていました。

今回のプログラムは以下の通りです。

1.「くるみ割人形」より「中国」
2.「くるみ割人形」より「葦笛」
3.「白鳥の湖」より「スペイン」
4.「眠れる森の美女」より「6つの妖精」
5.バレエに挑戦
6.「せむしの子馬」より「海と真珠」
7.川の流れのように
8.いい日旅立ち
9.グリーンスリーブス
10.スリーピーマドンナによるジャズ
(1)You’re my sunshine
(2)素敵なあなた
(3)私の青空
11.祭
12.フィナーレ

今回は新人ダンサー2名が舞台に立ち,3名の方々がお手伝い&見学のために舞台を観に来てくださいましたので,ご紹介させてください。

新人ダンサーは男性1名,女性1名。男性ダンサーはスペインと祭に出演頂きました。スペインの色気はハンパなかったです。踊りに躍動感が溢れていて観客の目を惹きつけました。祭のはっぴの着方が玄人っぽいと思ったら,阿波踊りもされるとのことで,道理で堂に入った佇まいと合点が行きました。

女性ダンサーは,京都の大学を卒業して東京に就職したばかりのフレッシュガール。桜といい日を踊ってくれました。公演後以下の感想をメールで送ってくれたので抜粋して紹介します。

今日は、ほんまにありがとうございました!はじめての参加でしたが、仲間のみなさんの優しいご指導と、おじいちゃんおばあちゃんの温かい眼差しのおかげで、目一杯楽しみながら感動な時間を過ごすことができました!
特に、いい日では本番みんなの心とおじいちゃんたちの心がひとつになったような気がして…思わずうるッとしてしまいました(;_;)
みなさんめちゃめちゃえぇ人ばかりで…気さくに話しかけていただきとても嬉しかったです。別のいろいろなバックグラウンドを持っているのに、バレエというひとつのツールでみんな繋がっているんだ…ということを感じ、本当に素晴らしい活動だなと思いました。そして、バレエやっててよかったなと。親に感謝しなきゃです笑
これからもお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします(´∪`*)

メールにもお国言葉が・・・。関西系新人ダンサーの登場で,これまで東京弁を話していたので出身地不明だった他のダンサーが,それぞれお国言葉で話し始め,「あらあなたも実は関西人?」状態でカミングアウト(?)し,楽屋の雰囲気が急に柔らかく変わりました。

続いてお手伝いに来てくださった方々をご紹介。スリーピーさんと一緒にジャズ・ボーカルを学んでいる女性。次回から公演に参加してくださるとのこと。美しいハーモニーがまた楽しみです。

自らの闘病体験を経て,きれいで居たいという患者さんの気持ちに沿ったサロンを経営されている方が,我々のボランティア活動に興味を持ってくださって見学においでくださいました。プロのエスティシャンを教育する立場でいらした方なので,メイクはお手の物とのことで,急遽シンガー&ダンサーはメイクをして頂き,洗練されたメイクで舞台に臨むことができました。
セレナイト

また舞台の照明や音響を学びたいと,高校の先生がお手伝いに来てくれました。文化祭や学校行事等で音響・照明の裏方の仕事をしており,技術を勉強したいとのこと。このように向上心のある先生が居れば学校も楽しそうです。設営にバラシに大活躍いただきました。

色々な角度から施設で公演を行うという我々の活動に興味を持ってくださって協力してくださる皆様,ありがとうございました。このような嬉しい出会いに感謝します。

幾つか今回の作品を紹介させてください。ボランティア初演は「海と真珠」です。小学生2名に演じてもらいました。大人でも難しいバリエーションですが,一生懸命練習して合わせてくれました。

振りとしての新作は2つ,葦笛とスペインです。葦笛はパドゥドゥ・バージョンを難易度高く改訂振付した作品を男女2名のダンサーがきれいにまとめてくれました。簡単そうにピルエットを3回転回しますが,技術が要る技です。

白鳥スペインは,女性2名バージョンは王子で実施していますが,パドゥトロワ(男性1名女性2名)のバージョンは初演です。男性が加わってダイナミックでドラマチックな振りにパワーアップしました。
http://balletvolunteer.com/archives/385

更に今回特筆すべきはグリーンスリーブスです。Nちゃん振り付けのパドゥドゥですが,何回見ても,胸がキュンと切なくなる音楽と振付です。軽々とリフトをする男性の技術に観客の方々も驚嘆していました。
http://balletvolunteer.com/archives/358

そして今回フィナーレの振付の一部は前回スリーピーさんの歌に合わせて素敵なジャズの振付をしてくれたMちゃんにお願いしました。出演者一同,「回るとか飛ぶとか激しいのではなく,なるべく簡単にしてください」と声を揃えてお願いしたのですが,確かに飛ぶとか回るとかはなかったのですが,バレエらしいアレグロのパが小粋に組み合わされていて,一同撃沈(T_T)しましたが,本番はミスなく踊れました。

また,今回も殆ど全ての衣装についてMちゃん制作衣装を使用し,大変豪華な舞台ができました。当日も衣装の着替えも全部監修して頂いて,全てのダンサーの体のサイズに合わせてムシを作ってくれました。近くから見ても観客の皆様に喜んでもらえるよう繊細な工夫が凝らされた衣装に,観客・施設の皆様から沢山のお誉めの言葉を頂きました。

このボランティア活動の素晴らしいところは,バレエダンサーだけではなく,歌手・音響・照明・衣装・メイク等,素敵な方々が集まってくれます。それぞれのバックグラウンドが全く異なっていても,施設で日々を過ごすお年寄りに非日常の一時を楽しんでもらいたいという気持ちが一つになってクオリティの高い舞台を作ることができます。舞台が終わった後の充実感・達成感は堪らないものがあります。関西系新人の言葉を借りれば,バレエやっていて良かった~と思います。

踊ることが好きな方,施設での公演活動に興味がある方,勇気を出して活動に参加してみませんか?事務局にメールをください。またボランティア公演をして欲しいと希望される施設の方もどうぞご連絡をください。次回公演も予定されていますので,見学やお手伝いの方も来ていただけると有り難いです。どうぞよろしくお願い致します。

バレエボランティア公演報告 10月26日 帝京大学老人保健センター慈宏の里

27号と28号の二つの台風が本州に上陸する恐れもあった10月26日(土)、帝京大学老人保健センター慈宏の里において公演を実施致しました。

東京に台風直撃であれば公演延期も止むなしと心づもりしておりました。先日の26号では大島において多大な被害がもたらされましたし、東京の交通機関も打撃を受けました。今回の台風では台風は本州を逸れ雨ではあったものの、出演者他全員が揃うことができました。

慈宏の里で公演をさせて頂くのはこれで6回目です。以下過去公演のURL。

5回目:http://balletvolunteer.com/archives/371
4回目:http://balletvolunteer.com/archives/184
3回目:http://balletvolunteer.com/archives/47
2回目:http://balletvolunteer.com/archives/19

プログラムは以下のとおりです。

1 眠りの森の美女より6つの妖精
2 バレエに挑戦
3 レ・シルフィードよりプレリュード
4 エスメラルダ
5 川の流れのように
6 Sing Sing Sing
7 スリーピーマドンナ
(1)You are my sunshine
(2)Dream
(3)My Blue Heaven
8 祭
9 フィナーレ

新作はレ・シルフィードよりプレリュードです。曲は太田胃散のCMで使われているので耳にしたことがある方も多いと思いますが、深い森の中で詩人と妖精(シルフィード)が戯れるというストーリーがないバレエで、プレリュードはその一番初めの曲です。ダンサーはトゥシューズで踊ってくれました。バックに深い森の様子が浮かんでくるような鳥肌が立つほど美しいシルフでした。出演してくださって感謝します。

メンバーのMちゃんがYou are my sunshineとMy blue heavenにジャズの振りを付けてくれました。クラッシック・バレエも無論上手なMちゃんですが、実はジャズダンスの先生でもあり、スリーピーさんのポップなジャズナンバーに魅力的な振りを付けてくれました。衣装もキラキラで素敵でした。

Dreamも新曲です。ポップな2曲の間にゆったりとしたバラードのナンバーにまた別のMちゃんが振り付けをしてくれました。スリーピーさんは全ての曲で歌いながらダンスをしてくださり、盛り上げてくださいました。美しいハーモニーを聴かせてくださり有り難うございます。

今回は6人の新人が参加してくれました。皆様バレエが大好きで、観客に喜んで貰いたいとの気持ちを持ったチャーミングな方々ばかりです。しかも今回は出演作品別に自主練習を何回も積んでくれました。

皆さんワクワクしつつ良い舞台を作ろうと一生懸命な姿を見て、世界は常に前に進んでいるのだと大いに刺激を受けました。1994年から細く長く続いているこの活動ですが、新たな息吹を与えてくれる新人の皆様を得てさらに活性化できたらと思います。

次回公演先募集しています。このHPをご覧になって当団体の公演を希望される施設の方がおいででしたら、どうぞ遠慮無くお問い合わせフォームにて御連絡をください。またダンサーの方でこういった活動に興味をお持ちの方の御連絡もお待ちしています。

バレエボランティア

目黒区の夢花保育園でバレエボランティア公演報告

8月23日(金)途中雷雨も襲う中、目黒区の夢花保育園でバレエボランティア公演が行われました。

夢花保育園での公演は昨年8月に引き続き2回目です。新しくてお城のようにきれいな目黒区の認可保育園建物の中にあるホールでの公演です。本日のプログラムは以下のとおり。

1.ギゴーニュ(くるみ割人形より)
2.フロリナ王女のバリエーション(眠れる森の美女より)
3.Stoptime Rag (エリートシンコペーションより)
4.赤頭巾と狼(眠れる森の美女より)
5.バレエに挑戦
6.ジゼルよりペザントのグランパドゥドゥ
(1)アントレ
(2)バリエーション
(3)コーダ
7.カルチェラタン
8.フィナーレ

今回の新作はStoptime Rag、魔法のステッキを持って踊るコミカルな作品です。子供達ととの会話で・・・、「それ何?魔法のステッキ?」「うん、そうだよ。」「何ができるの?」「お姫様に変身したりできるかな。」「じゃぁ、今やってみて。」「・・・・。」。

もう一つの新作はジゼルよりペザントのグランパドゥドゥ。ついにボランティアでジゼル作品もレパートリーに入れてきました。子供達にバレエのグランパドゥドゥの形式を知って貰いたくて選びました。

バレエファンには言わずと知れたジゼルの物語ですが、実はなかなかボランティアでは取り扱い難い題材です。村娘が貴族に弄ばれたことに衝撃を受け死んで幽霊になり、墓参りに来た貴族を呪い殺そうとする他の幽霊達から守るというお話。

ペザントはプティパの振付。音楽はペザント部分だけアダンではなくブルグミュラーだそうです。ジゼルの初演は1841年パリですが、翌年ロシアに渡って改訂が加えられた後、1984年からプティパが手を入れたそうで、ペザントはプティパによって挿入されたのだそうです。その後プティパは眠り(1890)、くるみ(1892)、白鳥(1895)とグランパドゥドゥ形式の最高峰を作り上げています。

最後の作品はカルチェラタン。昨年(2012年)の6月に渋谷区のあやめの苑で初演以来1年ぶりに演じていただきました。アクロバティックでコミカルな作品で、途中から自然と手拍子が始まったのですが、まだ作品途中なのに子供達から「アンコール」がコールされてしまいました。多分手拍子をするときは「アンコール」と言うものだと勘違いした子がいたのだと思うのですが、次回は作品が終わってからコールをぜひお願いします!

今回の出演ダンサーは7名、男性1名、女性4名、子供2名です。全員2作品出演で舞台を回しました。音響は夢花保育園の先生(関西人)にお願いしました。どうも有り難うございました。

次回公演は10月26日(土)帝京大学老人保健センター慈孝の里です。次回で6回目の公演になります。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

3人と子供達

カルチェラタン

チャイナの服を着ているけどギゴーニュ

スリーピーマドンナさんの公演に出演してきました

6月1日(土)、いつもバレエボランティアに参加していただいているスリーピーマドンナさんの歌のボランティアに友情出演(?)してきました!!

公演場所はバレエボランティアで既に2回訪れている『レストヴィラ元住吉』。なんと、系列のホーム2か所からも観に来てくださりビックリです。

今回歌い手さんは3名。
スタンダードジャズからはじまり映画音楽、施設の方も一緒に歌える懐かしい曲、そしてラストの方でバレエとのコラボ。
スリーピーマドンナさんは衣装替えもあり、ダンスもあり・・・
歌だけで45分間、途中で飽きてしまわないようにとても考えられて構成されていました。

本日のプログラムは以下のとおり。

1部 スタンダードジャズ

1. You’re my sunshine
2. LOVE
3. 月光値千金

2部 プチショー

4. As time goes by
5. 素敵なあなた
6. Over the rainbow

3部 みんなで歌いましょう!

7. りんごの木の下

4部 バレエとのコラボ

8. Sentimental Journey
9. Dream
10. 私の青空

バレエボランティアメンバーは4部にてでバックダンサーをさせていただきました。
1曲はバレエボランティアでもお馴染みの『Sentimental Journey』。
もう1曲は『Dream』というまさにドリーミングな美しい曲。
ゆっくりとした振り付けで気持ちよく踊らせていただきました!

ラストの曲『私の青空』では手拍子で参加。
とにかく観客のみなさまのノリがよくて、とても盛り上がりました。

終わった後にもまさかのアンコール!!
もちろんアンコール用の曲など用意していなかったので『りんごの木の下で』を日本語でみんなで歌うことに。

入居者の方々、施設のスタッフさんなどもステージにあがり素敵なひと時を過ごさせていただきました!

DSC07890
DSC07903
DSC07910
DSC07930
DSC07935
DSC07947
DSC07951

4月13日バレエボランティアイベント報告

4月13日(土)バレエボランティア紹介イベントが行われました。会場のふれあいはすぬまは小学校を改装した場所なのですが、お庭の八重桜が満開でお天気も良く、なんとなくノスタルジックで心癒されました。

今回紹介イベントの告知が4月3日(実質公示期間10日間)だったので、来てくれる人が居るか実は心配していたのですが、なんと3人の方々が勇気を出してバレエボランティアの門を叩いてくれました。ありがとうございます。

実は紹介イベント2011年9月3日(土)以来です。ちょっと間を空けすぎてしまいました。またイベントの希望がいただければ随時開催します。是非事務局にご一報ください。特にバレエ男子募集中です。上手である必要はありません。大人になってからバレエを始めた人も歓迎します。なにより喜んでくれる人のために自分の時間を費やすことに喜びを感じられる仲間が増えることを我々メンバー一同願っています。

今回のイベントは以下のとおりのプログラムで行われました。
1.自己紹介&ボランティアの活動紹介
2.簡単なバー
3.公演ビデオ鑑賞
4.「川の流れのように」振入&実演発表

バレエってすごいなーと思うのは、こうやって色々なところで習っている人が集まってバーをやっても全く共通の動きや言語で話せる。基礎練習・用語が全世界共通規格。バレエの言語が話せる(つまりバレエが踊れる)と、出身や年代を超えて仲間意識が強固になるのが不思議ながらとても心地よい感覚です。

そして「川の流れのように」・・・名作です。我々の公演で何度となく観客を涙に誘った振り付けを覚えていただきました。組むところの動きは複雑ですし、フォーメーションを頭に入れるのは難しいし、5分もある長い曲なので、全部は振り入れできないかと思っておりましたのに、皆様優秀で、サッと覚えて踊ってくれました。一緒に公演で踊る姿が目に浮かぶようです。

次回公演は新人も含めた魅力的な布陣で更にパワーアップした公演をお届けしたいと思います。バレエボランティアの公演に興味があるダンサーの方、どうぞ事務局にご一報ください。よろしくお願い致します。

3月16日(土)コンシェール南千住 公演報告

3月16日(土)コンシェール南千住にてバレエボランティア公演を実施しました。南千住駅から徒歩5分ほど、ショッピングモールを抜けた高層マンションの2階と3階がコンシェール南千住です。ホテルのように美しく吹き抜けが気持ちの良い施設です。施設の皆様も上品で明るくて親切に対応くださいました。ボランティア公演を受け入れて下さりありがとうございました。

老人ホームでのボランティア活動が重要な役割を果たしているというニュースを先日偶然目にしました。ケアや傾聴のボランティアも重要ですが、娯楽のボランティアは入居者と介護者の息抜きや潤滑油になるという内容でした。私たちの舞台を観て笑顔が溢れる観客の皆様を見るにつけ、少しでもお役に立っていると思えると嬉しくなります。

今回は、「白鳥の湖」2幕から抜粋をお届けしました。ボランティア版「白鳥の湖」の初演です。バレエの代名詞とも言える「白鳥の湖」。なかなか恐れ多くて実施できませんでしたが、今回満を持してお届けしました。これでボランティア版「くるみ割人形」「眠りの森の美女」「白鳥の湖」のチャイコフスキー3大バレエが全て出揃いました。

20130316135433 66

オデット姫、ジークフリート王子の二人の哀愁漂うパドゥドゥは本当に素晴らしかったです。ジークフリート王子は終演後、観客からサインを頼まれていました。二人をもり立てるコールドは4名、この1か月何回も練習を重ね、手の高さ、首の方向、体の向きを映像で撮って確認しました。コールド一人一人が映像を観て毎日のように復習してくれたお陰で素晴らしい舞台が作れました。初演白鳥のメンバーの皆様、練習大変でしたけど楽しかったですね。ご協力有り難うございました。

20130316135433 69

本日のプログラムは以下のとおり。
1.「白鳥の湖」より
(1)情景
(2)ワルツ
(3)オデット姫とジークフリート王子の踊り
(4)コーダ
2.バレエに挑戦
3.川の流れのように
4.「海賊」よりメドゥーラの踊り
5.「コッペリア」より仕事の踊り
6.いい日旅立ち
7.スリーピーマドンナによるジャズ・ボーカル
(1)You are my sunshine
(2)Sentimental Journey
(3)私の青空
8.祭
9.フィナーレ

今回のボランティア公演の初出演は14歳の中学2年生。「海賊」よりメドゥーラのバリエーションをお願いしました。14歳といえども、バレエ暦10年のダンス・エリートです。ただ、リノリウムを敷いていない舞台は初めてでしたので、戸惑うことも多かったと思います。

今回の初お披露目は「コッペリア」より仕事の踊りです。大雪で延期になってしまった1月公演で実施するために練習を積んでいたものです。小さいジャンプが多く、かわいらしく小粋な作品です。2分間全力疾走のような体力の消耗の激しい作品です。二人で踊るのですが、双子のようにかわいらしかったです。(下記写真は”いい日旅立ち”)

DSC00984

そしてスリーピーマドンナは今回もお二人で美しいハーモニーを聴かせてくれました。歌声に合わせて車椅子で横たわる姿勢でご覧になっていたおばあちゃまが指先で軽くリズムを取っていました。生の歌の力は強く人を動かします。うきうきワクワクするような「わたしの青空」に私たちも清々しい気持ちになりました。

DSC00987

また今回は久しぶりに出演してくれたメンバーや、お手伝いに初参加してくれた方もいらっしゃいました。協力してくれる方々がいるお陰で私たちの活動が続けられます。皆様ありがとうございました。

ダンサー&メンバーを募集しています。バレエを通じた社会貢献の活動に興味がある方、是非事務局にメールをください。また公演を希望される施設も募集中です。どうぞよろしくお願いいたします。

DSC00988

4/13(土) バレエボランティア紹介イベントのお知らせ

お疲れ様です。

バレエボランティア事務局の中畑です。

さて、来る4月13日(土)にバレエボランティアの紹介イベントを行います。

こちらは、バレエボランティアに興味がありつつも、

・バレエボランティアってどんなことをやるの?
・どんな作品を踊っているの?
・どんな人達がやっているの?

というようなご興味をいただいている方向けのイベントです。

また、このイベントでは

・バー
・ボランティア演目の振り写し

なども行いますので、バレエシューズと動きやすい服装など踊れる準備をぜひしてきてください。
(見学だけでもをOKです)

とはいいつつも、新人の参加が無ければ次回の公演の練習になるとおもいますので、どうぞバレエボランティアという活動にご興味いただいた方は、お気軽にお越しください。

イベント詳細

日時: 4/13(土)15:30-18:30 まで
場所: ふれあいはすぬま
    大田区西蒲田三丁目19番1号
    アクセス方法 東急池上線蓮沼駅下車徒歩約10分
費用: 無料
備考: とてもわかりずらい場所なので、わからなかったら中畑の携帯までご連絡ください。 080-3938-0331

申し込みは下記のフォームよりお願いします。

申し込み

バレエボランティア公演便乗サンライズ九十九里&いちご狩り&海の幸の合宿報告

2013年2月9日(土)@千葉市原公演の後は、バレエボランティア合宿♪こちらは千葉外房内房旅行記になります。若干内輪受けの要素満載でお届けしますので、その旨ご勘弁ください。

ふれあいの郷の皆様に暖かくお見送りして頂いた後、一行は車3台に分乗し、一路内房から外房九十九里浜へ。本日のお宿はサンライズ九十九里。ドドーンと全室オーシャンビューで太平洋が一望できます。

舞台のときは殆どのダンサーが朝から何も食べないか、食べてもチョコレート1個とか軽く済ませることが多いので、移動の車の中からずっと「お腹空いたぁ~」、で、先ず腹ごしらえ。サザエの壺焼き♪

07 サザエの壺焼き

08 夕食集合写真

その後有志によるプール。サンライズ九十九里には子供用プールに流れるプールに競技用プールにサウナに水着で入れるお風呂が2つもありました。メンバー最年少子役大喜び。流れるプールに浮かれまくりでした。そして水泳得意なメンバーによる初心者向け水泳教室。4メートルしか泳げないと言っていたメンバーを息継ぎができるようにしてしまいました。

入浴後、反省会という名前の飲み会へ突入。先ずは本日の映像をチェック。今回の舞台は、新しい施設で天井が高くて舞台としてはとても綺麗な場所なのですが、床が板張りで体育館並みに、スケートリンクのようにつるつる滑る。ステーンと派手に転ぶメンバー1名。その他のメンバーもツルッと滑った回数は数知れず。お約束の映像に一同爆笑。その後、お開きは2時頃。でも最後の方は眠くて意識がない。

次の日は、早朝6時半に日の出と聞き、その時間までに起床しお風呂へ。雲がかかって水平線に昇る朝日は見られず。ちょっと待っていたら雲間から昇る朝日が見られました。サンライズに宿泊中ですから、やはり日の出は見たかった。さらに早朝の海岸線を散歩する寒さに強い男性ダンサー二人、特にそういう関係ではないかと思いますが・・・。

09 サンライズを待つ二人

10 サンライズ朝6時30分

朝食後チェックアウトして一行は苺狩りへ。伺ったのは近藤いちご園。30分食べ放題一人1500円。苺狩り慣れしているメンバーが居て、ハウスの中は暑いから薄着でとか、コンデンスミルクが足りなくなるから持参した方が良いとか。9種類ものいちごを食べ比べました。

11 近藤いちご園集合写真

12 近藤いちご園苺狩り中

その後海岸へ出て東浪見海水浴場へ。真冬の太平洋のビッグウェーブをバックにお約束のポーズ(同じポーズを世界遺産富岡製糸場でもやっていたような・・・)

13 海へゴー

14 海岸でお約束

15 海岸で祭

16 海岸でいい日

さらに千葉といえば、焼きはまぐり!を求めて魚平へ。絶滅危惧種はまぐりが15個入って1000円!さらに千葉名物の焼きいわし等もお買い上げ。

17 魚平でショッピング

その後外房から内房へ移動し、富津の魚介料理「たかはし」で遅い昼食、テレビでも紹介されたあさり飯、仰天するほど大きな天ぷら(穴子、きす、えび)、あさり焼き、貝柱丼に舌鼓を打ち、さらに焼きはまぐりを注文。昨日から魚介三昧♪

18 たかはし仰天天ぷら

19 たかはし焼あさり

20 たかはし貝柱丼

21 たかはし記念撮影

こちらで2日に亘るバレエボランティア合宿は解散となりました。ドライバーの皆様長距離運転有り難うございました。アクアラインを通って富士山の横に沈んでいく夕日を見ながら、帰途につきました。

22 アクアラインから見た夕日と富士山

神奈川県の湯河原、群馬県の富岡甘楽、千葉県の市原と地方公演を実施してきています。東京から車で行ける範囲でまた是非公演旅行に行きたいと思います。入居者にバレエを見せて差し上げたい施設の方々、是非お声かけを頂けたらと思います。どうぞよろしくおねがいいたします。

©   2016, バレエボランティアmts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top