目黒区立原町保育園と目黒区私立夢花保育園でバレエボランティア公演してきました!

2012年8月13日(月)目黒区立の原町保育園と、目黒区私立夢花保育園でバレエボランティア公演を実施しました。1日2公演です。受け入れて下さった保育園の皆様有り難うございました。特に今回は施設を紹介してくれたメンバーが、事前の施設との交渉・下見、当日の施設間の移動にお昼ご飯までお世話になりました。また、参加してくれたダンサーの皆様も急な依頼にもかかわらず協力してくださり、どうも有り難うございました。

原町保育園は3歳児から5歳児クラスの大きい子供達がお客様になってくれました。お盆休み中で登園している子供達の数が少なく30~40名くらい。夢花保育園は0歳児から5歳児まで観に来てくれて70~80名くらいの子供達がバレエを観てくれました。

バレエの舞台は習っている子供達は観る機会があるのですが、習っていない子はなかなか観たり踊ったりすることはないと思います。今日の公演では、子供達みんなに「バレエに挑戦」してもらいました。今日出会えた子供達がバレエを楽しんでくれて、一人でもバレエを好きになってくれたら嬉しいです。

本日のプログラムは以下の通りです。

原町保育園
1.ギゴーニュ(「くるみ割人形」より)
2.バレエに挑戦
3.赤ずきんと狼(「眠れる森の美女」より)
4.キューピッド(「ドン・キホーテ」より)
5.ドールズファンタジー
6.フィナーレ(「コッペリア」より)

夢花保育園
1.ギゴーニュ(「くるみ割人形」より)
2.キトリのヴァリエーション(「ドン・キホーテ」より)
3.赤ずきんと狼(「眠れる森の美女」より)
4.キューピッド(「ドン・キホーテ」より)
5.バレエに挑戦
6.ドールズファンタジー
7.フィナーレ(「コッペリア」より)

001

本日は、ダンサー6名(男性1名、女性3名、子供2名)、司会1名、音響1名の合計8名で舞台を作りました。ダンサーが入れ替わり立ち替わり着替えをするけれども着替えを手伝ってくれる人が一人しかいない状態で、舞台袖は慌ただしかったです。

1回目公演で狼からマジシャンへの着替えの時間が全く足りなかったので、2回目公演では、キトリのヴァリエーションを足して時間稼ぎをしました。でも今度は赤ずきんの着替えの時間が足りなくて苦労しました。

今回の舞台は、音が途中で切れたり音が出なかったり音響トラブルが出ました。今や伝説となった真夏炎天下の湯河原公演で音響機材が熱しすぎて動かなくなったときのことを思い出しました。真夏に精密機械は相性が悪いのかもしれません。

一番子供達に受けたのは「赤頭巾と狼」です。狼は大人気でした。以前保育園で「くるみ割り人形」の公演をしたときは、ネズミの王様が大人気でしたので、子供達は悪役が好きということが改めて確認できました。

夏休みの平日公演は俄仕立ての舞台でしたが、かわいい子供達と優しい先生方のお陰で充実した公演になりました。皆様どうも有り難うございました。

次回公演は今週末8月19日(日)午後2時開演、場所はレストヴィラ元住吉さんで公演を実施します。バレエボランティア公演に興味がある方は是非足をお運びください。

レストヴィラ元住吉|介護付有料老人ホーム【介護施設レストヴィラ】

Top

©   2017, バレエボランティアmts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top