バレエボランティア紹介イベント報告

5月8日(土)@はすぬま「バレエボランティア紹介イベント」を実施しました。総勢10名が集まりました。参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。

1.バーレッスン
2.参加者自己紹介タイム
3.バレエボランティア活動の紹介
4.公演の模様のビデオ鑑賞
5.公演作品を実際に踊ってみよう

実はこういった「バレエボランティア紹介イベント」を行うのは3回目です。世界中どこへ行っても行うバーレッスンをして体を慣らし、最後には公演作品を参加者に実際に踊っていただきます。これまでの紹介イベントでは、1回目は「トレパック」、2回目は「祭」、3回目は「川の流れのように」を踊っていただきました。

今回は「川」を踊っていただいたのですが、典型的なアカデミック・バレエ教育を受けてきたものにとっては衝撃的な作品でした。動きはクラッシックバレエの基礎に忠実なのですが、曲が美空ひばりさんの「川の流れのように」なのです。

これが陳腐でもなく稚拙でもなく、優雅で美しく、舞踊手によっては、人生の喜び悲しみを訴えかけ、踊りながら涙が出てきてしまうような美しい振りなのです。我々のメインターゲット?である施設の入居者の皆様も耳馴染みのある曲なこともあり、殊の外喜んでくれる作品です。メッセージ性の強さは、振付家の真骨頂を余すことなく発揮していると思います(この作品大好きで誉めすぎたかな?)。

さてイベントを行って参加者の皆様から受ける典型的な質問は以下の通りです。
Q1.「バレエボランティア」って何をするの?
Q2.出演にお金はかかるの?
Q3.舞台メイクはするの?
Q4.衣装はどうするの?
Q5.トゥシューズは履くの?
Q6.どういった人達が集まっているの?

答えを知りたい方は、次のイベント6月5日(土)@はすぬま13:00に参加していただければおわかりいただけると思います。ちなみに、Q2の費用のことだけ先に回答すると、ボランティア公演は出演1回につき1000円の参加費をいただいています。皆さまから預かったお金は、リハーサル場所代、衣装クリーニング代、新規衣装の製作費用などに当てております。

それではバレエボランティアの活動になんとなく興味を持ってくださっている方は是非次回の紹介イベントでお会いしましょう。フォームから登録をどうぞよろしくお願いいたします。

Top

©   2017, バレエボランティアmts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top